ジオ・ラボは、モノ→ヒト→コトづくりの循環サイクルを構築して、「地域の“宝”を守るココロが育つ社会づくり」に貢献します。

― 事業内容 ―

モノづくり

地域の文化施設や拠点施設、地域資源サイトの整備と動線づくり

発注側と施工側、両者の “ 間”を担う存在として。

地方自治体及び広域行政の経験と、 博物館という場で研究と普及の両方のバランスを考えながら、 大規模な展覧会や教育プログラム等の様々な事業を企画・実践してきた 経験を活かして、発注者様と施工者様の間を担う中間支援的な役割を果たすことで、 より良い地域の文化施設や拠点施設、地域資源サイトの整備のお手伝いをします。 さらに拠点施設から地域資源サイトへの動線づくりも含めた トータルデザインをご提案します。

● トータルコーディネーションによる優れた地図コンテンツの利用

株式会社ジオ・ラボは、強力な地図コンテンツ開発能力を持つ北海道地図株式会社とパートナーとして手を組 み、ビジターセンターなどの拠点施設と地域資源サイトをつなげる、地理情報空間機能を利用した展示機能の 開発・提案と設置後の運営、及び来訪者への支援プログラムの開発・提案までをトータルでお手伝いします。

・地域の文化施設や拠点施設、地域資源サイトの整備と動線づくり
・地域資源を活用した教育・普及プログラムの開発、ガイドブック・教材づくり
・地域資源や拠点施設の調査と評価、地域資源を活用したツーリズムの開発
・3Dマッピング
・空間情報サービス
・地図調製・印刷
・GISMAPシリーズ
・オーダーメイドマップサービス

ヒトづくり

地域資源を活用した教育・普及プログラムの開発、ガイドブック・教材づくり

地域資源を“大事にできるヒト”、“ 大事にしたいと思うココロ”の育成。

地域資源を守りつつ活用していくためには、 運営者側として「地域資源を大事できる人材」の育成と 地域住民として「地域資源を大事にしたいと思う人材」の育成の 両方が必要です。 そこで、数多くの博物館教育プログラムを実践してきた経験を活かし、 普及・教育活動の企画や活動支援、ガイドブック・教材づくり、 技術向上研修等の開発支援を行います。

コトづくり

地域資源の調査と評価、地域資源を活用したツーリズムの開発

地域の価値を高めるストーリー(コト)づくり。

地球科学と博物館学の両方に深い知識をもつ専門的な立場から、 地域資源の調査と評価を行います。 その上で、地域の価値を高めるストーリーづくりを行うことで、 ジオツアー・エコツアープログラムの開発支援を行います。 さらに、地域産品の高付加価値化の支援を行います。 また、こうした専門的業務の現地滞在型業務委託も請け負います

― トップメッセージ ―

科学者であり学芸員だからこそできる、高い分析能力(構造化能力)と企画・実践能力

栗原憲一

代表取締役社長

栗原 憲一くりはら けんいち

私は、2003年~2015年まで北海道三笠市立博物館で学芸員(古生物学)、2015年~2019年まで北海道博物館で学芸員(博物館展示・教育)として勤務した経験から、「地球科学に関する深い知識」、「ジオパーク活動に関する理解と実践」、「数多くの展覧会、普及・教育プログラム等の企画・デザインの経験」、「幅広い人脈とネットワーク」、「豊富な行政経験と高い調整能力」を培ってきました。 こうした経験とノウハウを生かし、株式会社ジオ・ラボは、地域資源の価値を見直し、守り、それを活用して地域を輝かせる活動のお手伝いをさせていただきます。

【経歴】

・早稲田大学大学院理工学研究科地球環境資源及び材料理工学専攻地質学部門 博士課程修了
・博士(理学)、学芸員
・専門分野:古生物学、地質学、博物館学、ジオパーク、科学コミュニケーション

2003年~2015年 北海道三笠市立博物館の学芸員として勤務 *常設展示室における展示リニューアルの主担当を担い、展示室は、第30回ディスプレイ産業賞(2011)奨励賞受賞(三笠市立博物館 古生物・地質展示室)
2015年~2019 年

海道博物館の学芸員として勤務

*2016年の第2回特別展「ジオパークへ行こう! ~恐竜、アンモナイト、火山、地球の不思議を探す旅~」の展示チーフとして、展覧会を中心とした様々なプログラム(総合事業化)を企画。期間中約6万人の入場者数となり、平成期で最多を記録。

*2018年に第9回日本ジオパーク全国大会アポイ岳(北海道様似町)大会企画アドバイザーとして、大会全体のコンセプトデザインや「ジオパーク活動の見える化シート」の開発、パネルディスカッションのコーディネーターを務めた。

2016年~ 北海学園大学非常勤講師
2019年~ 北海学園大学客員研究員
トップへ戻る